本文へスキップ

名東区高針の循環器科・総合内科・外科・リハビリテーション科、高針クリニックです。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.052-703-7070

〒465-0061 名古屋市名東区高針1丁目1714

医師紹介

院長写真

病気について・・・

1.心臓の様子がおかしいかも・・・
2.正常な血圧の値
3.家庭での正しい血圧の計り方
4.五十肩予防とならない体操



4.五十肩予防とならない体操

五十肩は、ある日突然起こる場合が・・・。 

                  

ふだんしない姿勢をとったり、急に腕をのばした瞬間、ギクリと痛みが起こります。 五十肩が起こったら、正しい手当てが大切です。


肩こりにならない正しい立ち方と歩き方
 腹筋とお尻の穴をひきしめ、背筋を伸ばしてあごを引きます。目は6cm前方くらいを見ます。壁を背にして立ってみてください。良い姿勢で立てば、後頭部と背中とお尻が軽く壁にさわります。頭の上に風船をつけ、その風船に軽く上に引っ張られているような感じで立つとうまく立てます。
胸を張ったいわゆる「きをつけ」の姿勢や背中を丸めた姿勢、お腹を突きだした姿勢は、肩や首にかかる負担が大きいので悪い姿勢です。

背筋を伸ばしてあごをひき、腹筋とお尻の穴を引きしめて、6cm前方をみながら、かかとから着地し、つま先まで軽く地面を蹴るような感じで、リズミカルに歩きます。手はできるだけ大きく振り、肩を動かすようにします。バッグは肩から下げるタイプのものは避けます。両手を均等にふることができ、肩の筋肉強化にもなるリュックサックが最適です。手さげバッグなら左右交互に持ち替えます。また自分の足に合った靴をはくことも大切です。


















肩こり体操やってみませんか? 
 肩こり解消には、筋肉をほぐし、血液の流れをよくする体操が効果的。朝起きたとき、お風呂上がりなどの時間を活用して、正しい姿勢で立って毎日行ってください。

Takabari Clinic高針クリニック

〒465-0061
名古屋市名東区高針1丁目1714
TEL 052-703-7070
FAX 052-703-7050